巧みに創る(生産技術)

様々な素材。様々な製造方法。ものをうまく創るための工夫は尽きることがありません。自分だけが見つけることができた製造方法が生まれる機会は毎日あります。考える、実行してみる、結果が出る、そんな仕事の充実はあなたの価値を高めていきます。

View more

生産技術の仕事にはどんなスキルが必要か

生産技術の仕事は、今日明日のことだけを考える仕事ではありません。常に一歩先を見て、良い判断ができるような広い視野が必要です。生産技術の仕事において、最近の機械を設置して人員を多く配置すれば必ず良い…

Read more »

生産技術の仕事で何が身につくか

生産技術の仕事は、何をどうすれば効率良く製品を量産できるか考えて構築します。ただ単にお金をかけて良い設備にするだけでなく、いかに低コストで多くのお金を生み出せるかが鍵です。ある程度生産体制を整える…

Read more »

どんな人が生産技術の仕事に向いているか

工場は製品を作り、顧客のところに出荷することが仕事ですが、より良いものを低コストで生産するために多くの工夫がなされています。それでも原料費の高騰などでコストがかかり、工場経営が圧迫されることが珍し…

Read more »

どのような雇用?期間工とは?

期間工は、大規模な自動車工場などで、労働期間をきめられた契約社員のことをいい、正社員登用を行う企業もあります。

クオリティを高める(品質管理)

検査して良品だけを残す、それでは品質は高くなりません。製品をよく知り、作り方次第で何が変わるのか、あなたの自由な発想からの気づきと冷静な分析が、高いクオリティを実現します。あなたの技術の成長と共に製品を受け取る人の喜びが大きくなる仕事です。

View more

品質管理の仕事にはどんなスキルが必要か

品質管理の仕事で何が身につくか

どんな人が品質管理の仕事に向いているか

細かい仕事が得意な人

工業製品はもちろん、食品など工場の仕事では品質管理が欠かせません。常に同じ物を作り出して世に送るのが工場の役割ですし、前回納品した物と違いがあればクレームという形で返ってきます。同じ機械の設定にして、同じ材料を使用すれば良いので基本的に毎回大変な事態にはならないのですが物には経年劣化があります。なので同じ設定にしたとしても機械の経年劣化によってあらゆる数値が異なってくるかもしれません。ここの数値の異常を見逃さないのが品質管理者として大変重要な役割です。 仕事内容は、一つ一つの数字を照らし合わせるので細かい仕事が得意で苦にならない人が向いています。数字を見るだけで嫌になったり頭が混乱するのであれば難しいです。

向上心を持って取り組める人

向上心に関してはどの仕事でも重要ですが、品質管理をする以上は現状維持ではなく常に進化しなければいけません。世の中が常に進歩しているので、自分達の会社だけが現状維持をすれば取り残されるだけです。 進化とは、何も新しいものを生み出すだけでなく無駄なものを省くことも含まれます。新たに生み出す仕事は商品開発になるので品質管理とは違った仕事なのです。 使う材料を減らしたらどうなるか、変えてみたらどうなるかという取り組みをすることで会社から出るお金を減らせるかもしれません。現場としっかりコミュニケーションをして、理想と現実をすり合わせていきます。このように、品質管理の仕事は目立つ仕事ではありませんが、会社を支える重要なポジションです。