生産技術の仕事にはどんなスキルが必要か

一歩先を見るマネジメント能力

生産技術の仕事は、今日明日のことだけを考える仕事ではありません。常に一歩先を見て、良い判断ができるような広い視野が必要です。生産技術の仕事において、最近の機械を設置して人員を多く配置すれば必ず良い物が出来上がります。しかしそれではお金がかかり過ぎてマイナスを取り戻せないかもしれません。そこで生産技術は、いかに安いコストで多くのお金を生み出すか考えないといけないので、単純に設備投資にお金をかければ良いという問題ではないのです。
設備投資することによって、毎月どれだけお金がかかり、そして利益が回収できるかという言わばマネジメント能力が欠かせません。ここの判断を見誤ってしまうと、なかなか黒字化できず苦しい日々になります。

コミュニケーション能力

生産技術の仕事はもちろん現場に入ることもありますが、主戦場は現場ではありません。いかに効率の良い生産現場の仕組みを作るかが重要な任務なのです。もちろん、最初に考えた仕組みが最初から最後まで上手くいく可能性は低いので微調整を重ねる必要があります。その為には現場とのコミュニケーションがとても重要になるのです。
現場に無理強いさせるような仕組みを考えてしまうと、物理的に大変ですしヒューマンエラーも発生します。かと言って現場の声だけを反映し過ぎると効率の悪い生産体制になりかねません。
生産技術は、キャリアを積んでいけば工場長など良いポジションになれる可能性があります。だからこそ、コミュニケーション能力を強化しておくのも大切です。