生産技術の仕事で何が身につくか

強靭な精神力が身につく

生産技術の仕事は、何をどうすれば効率良く製品を量産できるか考えて構築します。ただ単にお金をかけて良い設備にするだけでなく、いかに低コストで多くのお金を生み出せるかが鍵です。ある程度生産体制を整えるのは、決して難しいことではありません。他社の工場を見学するなどお手本はたくさんあるからです。所謂どこの会社にもある企業秘密の部分をしっかり考えて他社と差をつけないといけません。
設計や研究部門と現場の橋渡し的な存在でもあるので、非常に困難な仕事内容です。何が正解なのか試行錯誤する日々は苦しいですが、それだけ社会人としての成長を期待できますし精神力も鍛えられます。生産現場の基礎を支える仕事なのでやりがいがあります。

生涯にわたって重宝される専門知識

生産技術の仕事に携わり、的確な生産体制を構築させて改善策も成功させているとその評判は社外にも知れ渡ります。そうなると、会社は人材流出を避けようと待遇を良くしますし、それ以上の待遇で引き抜きをされる可能性があります。どんな形であれ、今の仕事で良い結果を残せば給与アップは確実です。 基本的に生産技術の仕事で結果を残せば工場長へとステップアップするのが普通ですが、他の会社に移って実力を発揮するのも悪くありません。自分の持っている技術や考えを色々な会社で適用できれば日本の製造業を進歩させますし、誇り高い気持ちにもなれます。経験者でないと転職は厳しい傾向にありますが、未経験でも採用されて育ててくれる場合もあります。